睡眠薬

もう睡眠薬は飲まないで

睡眠薬とは

睡眠薬は向精神薬(中枢神経に作用して精神に影響を与える薬)の一種です。

睡眠薬は脳内の神経伝達物質に作用して、脳の活動を抑えて眠りに導きます。

睡眠薬の特徴

  1. 日中の体のつらさ、だるさを引き起こす
  2. 依存性が高い
  3. 脳と体へのダメージ

1.日中の体のつらさ・だるさを引き起こす

睡眠薬は麻酔と同じ働きをします。
同じように眠っているようですが、麻酔で眠っているのと睡眠は違います。
睡眠時は目が動きますが麻酔で眠っている時は動きませんし、他にも脳波などが違います。

麻酔で眠っている時は、痛みを感じないですよね。
実は麻酔で眠っている状態は、脳の機能をオフにした状態なので昏睡状態に似ているんです。
脳の機能がオフになるので、睡眠薬で眠ると呼吸が浅くなって酸素を十分に取り込めなくなります。

呼吸が浅くなることで、眠っているのに寝た気がしない感じが出たりします。
そして、日中の体のつらさ・だるさが出てくるんです。

脈が早くなる、高血圧、不整脈、意識障害を引き起こすこともあります。

2.依存性が高い

タバコよりも依存性が高いです。

4週間を超えると依存性が出来るとされています。

3.脳と体へのダメージ

薬の効果が切れた時に、肩こり、筋肉痛、頭痛、眩暈などの症状が出やすいです。